平成30年度(2018年度)第36回 光丘高等学校 文化祭

今年度は「さいアンドこう」というテーマで開催しました。生徒会、文化祭実行委員の「生徒一人ひとりの個性を集め、『彩やかな虹』のような文化祭に」という願いが込められたものです。

今年度は7月の西日本豪雨による文化祭準備の出遅れが心配されましたが、8月24日の2学期スタートとともに、徐々に生徒全員の志気も高まり、雨天にも関わらず、平成最後の文化祭を、見事成功裏に終えることができました。

初日9月7日(金)は全学年(全クラス)による「合唱コンクール」の本選から始まりました。どのクラスも中間発表を上回る美しいハーモニーを聞かせてくれ、審査員泣かせの激戦となりました。その後、生徒会企画の「仮装大賞」「光丘王~平成のFinal Stage~」と続き、体育館が明るい笑顔と笑い声に包まれました。昼休みをはさみ、午後からは演劇部による『かくまる葉桜はざくら』(地区大会最優秀賞受賞作品)が上演され、笑いあり涙ありのストーリーと熱演に拍手喝采でした。

二日目9月8日(土)の午前のトップは、吹奏楽部による演奏で幕を開けました。今年のコンクールで金賞を受賞した曲『雲のコラージュ』をはじめ、童謡や歌謡曲、ポップスなど様々なジャンルの演奏を披露してくれました。特に、若い先生方の熱唱や校長先生も参加された「ヤングマン♪」では、黄色い声や笑い、手拍子が会場に沸き起こりました。10時半からは各クラス趣向を凝らした模擬店、素晴らしい作品が揃えられた公民館展示などの各種展示、PTAの皆様によるバザーや喫茶、物品販売、有志企画のファッションショー、生徒会企画のビンゴ大会が行われました。閉会式では、副生徒会長が達成感と感動の涙を流しながら今日までの感謝の気持ちを述べました。

雨天にも関わらず、来校された多数の方々も、十分舌鼓を打ち、各催しを楽しまれ、満足された文化祭となりました。

オープニング
文化祭テーマ
合唱コンクール
合唱コンクール表彰
演劇部上演
吹奏楽部演奏
美術部展示
総合ロード展示
PTAバザー会場
PTA喫茶
生徒会企画
公民館展示