山口県立光丘高等学校の教育方針

本校では、学校創設以来「自主」「誠実」「活力」の校訓のもと、「平和で民主的な国家及び社会の有為な形成者として、誠実にして豊かな人間性を身につけ、未来の社会に力強く対応できる人間の形成をめざして

  1. 自主的な学習態度
  2. 誠実な生活態度
  3. 活力に満ちた心身

の育成に努め、知・徳・体の調和のとれた全人教育に最善を期することを教育方針としています。

平成13年度には、時代の変化や生徒のニーズに対応するため、普通科から総合学科への学科改編を行いました。総合学科は、生徒一人ひとりの興味や関心、適性や進路希望等に応じて普通科目及び専門科目から柔軟に科目を選択することができる学科であり、まさに一人ひとりの夢の実現に向けて自らの意志で一歩一歩進んでいくシステムといえます。

平成30年度学校教育目標

総合学科として教育方針を具現化するため、今年度は学校教育目標を以下のとおり定め、生徒が主体的に学習を進め個性を最大限に伸ばすことができる教育の一層の充実に努めています。

「生徒一人ひとりの自己教育力育成と納得のいく進路実現」

  1. 3年間を見通した組織的なキャリア教育の推進
  2. 学力の向上、学び続ける態度の育成に向けた取組の充実
  3. 自他の尊重と主体的に行動する力を育む諸活動の推進
  4. 生徒一人ひとりを大切にした教育相談活動の充実
  5. 魅力ある光丘高づくりと積極的な情報発信

なかでも、キャリア教育の推進については、学校内の共通理解・共通実践による組織力の一層の向上を図り、これまで構築されてきた系統的な指導を更に充実・深化させたいと考えています。

また、生徒が相談しやすい環境づくりに努め、専門家との連携も図りながら、一人ひとりを大切にしたきめ細かな教育相談活動を進めていくとともに、生徒の自主性、社会性や他を思いやる心を育む生徒会活動、ボランティア活動、部活動等を推進してまいります。

生徒、保護者の皆さんの期待に応え、信頼される学校づくりを進めるにあたっては、生徒・保護者・同窓生・教職員はもちろん、地域の方々との協働が必要になります。今後とも本校教育に更なる御理解、御支援をいただきますようお願いいたします。

山口県立光丘高等学校

校 長  大 塚 泰 二